STORY 2021.07.06

インドネシアのコーヒー旅


こんにちは。向山です。

世界には様々なコーヒーの楽しみ方があります。
東南アジアである「インドネシア」へ一人旅をした際に、島の住民からいただいたコーヒーがとても印象深く残っており、コーヒーの生産国であるインドネシアには、コーヒー文化が深く根付いていることに、とても感動したことを覚えています。

インドネシアにはジャカルタから入国し、バスでバリ島とつなぐバニュワンギまで行き、船に乗ってバリ島へ入りました。
バリ島には1泊し、隣のロンボク島へと移動し、しばらく滞在しました。
インドネシアの人たちはとても優しくニコニしており、大変雰囲気の良い南国の国でとても好きになりました。

ゲストハウスを探して歩いていた時に、
「アクセサリーを買わないか」と地元住民に話しかけられました。

一度断ってもしつこく物売りをされるかと思いきや、すぐに
「そうだよね。そんなことよりコーヒー奢るから海で飲まない?」
と言われ、すっかり拍子抜けしました。

悪い感じもしなかったのと、コーヒーなら良いかと仲良くなり、ビーチへ行くと数人の友人らしき地元住民が集まってきて、みんなで海を見ながらコーヒーを飲みました。

夕日まで何時間も一緒に誰もいないビーチでコーヒーを飲み、
「こういう雰囲気でコーヒーを楽しむのっていいねー」なんて言うと、
「これがインドネシアスタイルだよ」と地元住民の彼は優しく返してくれました。

コーヒーはポットにたっぷりと入っていて、みんな何杯もお代わりをして何時間もただただ海辺にいました。
とてもゆったりとした時間を過ごし、インドネシアのコーヒータイムを堪能しました。

この時の体験が、今の私のコーヒーとの接し方にとても影響しています。
コーヒーは様々な環境において花を添えるようなものだと思います。
そして、コーヒーは美味しさも大事です。そんな美味しいコーヒーをどんな環境にして行くのか。これが私の仕事だと感じています。

皆様に素敵なコーヒータイムを届けられるように、これからも精進して行きたいと思います。

COFELITY 公式パートナー
みほし焙煎珈琲製造所 向山

Share