STORY 2021.06.29

ドリップ後のコーヒー粉の再利用方法


こんにちは。向山です。

皆様はコーヒーを抽出した後に残ったコーヒー粉はどのように処理をしていますでしょうか。コーヒーを抽出した後の粉はまだまだ再利用可能な、とても大切な素材です。

美味しくコーヒーを楽しむだけでなく、その後も長くコーヒーを楽しむ方法をご紹介いたします。

消臭効果

コーヒーは粒の中に更に細かい穴が空いており、多孔質という構造で出来ています。これは炭と同じでイヤなニオイの原因となる成分を、吸着、中和してくれる性質を持っており、消臭としての効果を期待できます。

抽出後の粉は濡れていますので、十分に乾燥させてから消臭したい場所へ器にのせて使用してみると良いでしょう。コーヒーの香りもほのかにしますので良い香りが空間に広がります。

湿った粉を使用する場合はカビが生えやすいので、毎日取り替えて使うことをおすすめします。

フライパンの油汚れ落とし

コーヒーの粉は油を吸着する効果があるため、油を多く使った後の鉄フライパンなどにおすすめです。ただし、テフロン加工などの傷をつけてはいけない素材への使用は避けたほうが良いです。鉄フライパンは相性が良いので、焦げや油をしっかり落としくれます。

コーヒー染め

コーヒーの抽出後の粉にはまだまだコーヒーの成分が残っています。草木染めと同様に、コーヒーの抽出後の粉でも十分の染料として使用することができます。 コーヒー染めをする場合、色が入りやすいのは綿や麻、竹、レーヨン、和紙などの植物性素材が良いそうです。化学繊維だと染めるのは難しいようです。 少し色味に飽きてきたシャツや布などを染めてみてはいかがでしょうか。

コーヒー石鹸

COFELITYでも販売している、コーヒーの抽出後のコーヒー粉をアップサイクルした石鹸です。石鹸工房の職人さんがひとつひとつ手作りしており、天然素材(オリーブ果実油、水、ヤシ油、パーム油、水酸化Na、アラビアコーヒーノキ種子、ヤギ乳、ハチミツ)を使用した石鹸素地に抽出後のコーヒー粉を混ぜこむことで、スクラブ効果が生まれます。 ゴートミルク(ヤギ)とはちみつが入っているので、肌にやさしくまろやかな洗いあがりの石鹸です。

■COFELITY コーヒーソープはこちら
https://cofelity.com/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=0&pid=R0046

ほかにも、抽出後のコーヒー粉を利用したキャンドルなどの商品も見るようになってきました。

再利用は楽しく行うことがポイントだと思います。皆様もぜひご自宅で実践してみてくださいね。


COFELITY 公式パートナー
みほし焙煎珈琲製造所 向山

Share