STORY 2021.04.28

世界のコーヒーの楽しみ方 vol.2


こんにちは。向山です。

コーヒーはそのままでとても素晴らしい飲み物ですが、世界にはコーヒーと掛け合わせたドリンクがたくさんあります。
ほんのごく一部となりますが、今回は組み合わせて楽しむ世界のコーヒーレシピをご紹介いたします。

コーヒーとレモン

コーヒーとレモンの組み合わせはイタリアで飲まれています。
レモンスライスやレモン果汁をエスプレッソに加える「エスプレッソ・ロマーノ」と呼ばれる飲み方があります。直訳すると“古代ローマのエスプレッソ”という意味です。
エスプレッソにレモンが加わることで、酸味とさわやかな香りを楽しむことができます。

カフェ・ボンボン(Café Bombon)

スペインのレバンテ地方で受け継がれている「カフェ・ボンボン」は、エスプレッソに同量のコンデンスミルクを加えた、とても甘い濃厚なコーヒー。
底にたまったコンデンスミルクとコーヒーを混ぜながら、濃厚な味をゆっくり楽しむことができます。

チーズコーヒー

コーヒー消費量が世界でも常に上位の北欧・フィンランド。
フィンランドのカイヌという街では、チーズを入れたコップにコーヒーを注いだ「チーズコーヒー」を伝統の飲み方として楽しまれている様です。浅煎りコーヒー豆の酸味と、チーズの相性は良く、コーヒーを飲み終えた後にチーズを食べます。

カイザーメレンゲ

オーストリアの飲み方で、ハプスブルク家の皇帝(カイザー)、フランツ・ヨーゼフが好んで飲んでいた様です。
卵の卵黄に蜂蜜をかき混ぜながらゆっくりとコーヒーを注ぎこんでいきます。材料は、コーヒー、牛乳、ハチミツ、卵黄を使います。

世界では色々な飲み方がありますが、日本でも抹茶と混ぜて飲んだりするなど組み合わせ次第では色々なコーヒードリンクを楽しめます。
コーヒーは風味が特徴ですので、色々な組み合わせをすることでコーヒーの可能性をさらに探すことができるのではないでしょうか。皆様もぜひ色々と試してみてくださいね。



COFELITY 公式パートナー
みほし焙煎珈琲製造所 向山


Share