STORY 2021.01.18

珈琲のお供

こんにちは。向山です。

珈琲は単体だけでも楽しめるのですが、クッキーや食事などと一緒に楽しみたい時ってありますよね。そんな時は、珈琲に何が合うかを考えます。
皆様は何かお気に入りの珈琲のお供はありますでしょうか。珈琲が美味しくなってきた今の時代だからこそ、合わせられるものは広くなり複雑になりました。
それはとても素晴らしいことで、たくさんの味覚を体験できる事にもなるのです。

珈琲と相性の良いものはどんなものでしょうか。ケーキやクッキーなど甘いもの全般はもちろんですが、もっと具体的に合わせていくことが出来ます。
ケーキやクッキーに使われている素材はどんなものでしょうか。小麦や卵以外にも、ぶどう、レモン、チョコレート、ナッツなど、製粉自体の素材も様々です。それぞれ酸味があったり、甘い香りがしたり、香ばしかったり、素材自体に香りがそれぞれありますよね。
一番単純な組み合わせは、珈琲のお供となる素材の香りと珈琲の持つ香味の近しいものを選ぶということだと思っています。

珈琲のお供の特徴を理解することができましたら、その特徴を珈琲と合わせていきます。
珈琲の持つ香味を理解するのには少し練習が必要ですが、色々な珈琲農園や品種を飲み比べる事でどんな香味がするのかを理解できるようになってきます。また、カフェなどの珈琲屋でそれぞれの銘柄の香味の特徴を聞く事もできます。
最近ではテイストやフレーバーノートなど、珈琲豆の袋やお店のホームページ上でも表記しているところは少なくありません。
珈琲とお供のどちらを先に選ぶかは自由ですし、どちらから選ぶかでも視点が大きく違いますのでここは両方試してみて、得意な方から始めてみてください。

珈琲のお供って、実は甘いものだけではなく素材に近しいものは合うと思います。ということは、食事系のお供でも良いわけです。サンドイッチなどのパン系にも会いますよね。チーズやお肉なんかも相性が良かったりします。
この様に珈琲と合わせるものを考えるだけでも、珈琲の楽しみ方は広がりますよね。
ぜひ絶対これと決めずに、珈琲と様々な食材を合わせて楽しんでみてくださいね。



COFELITY 公式パートナー
みほし焙煎珈琲製造所 向山

Share