STORY 2020.11.20

次世代のコーヒードリッパー

こんにちは。向山です。

コーヒードリッパーと聞いて想像できる方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。基本的なコーヒードリッパーは底面には穴が空いており、穴の数や大きさがそれぞれ異なります。お湯を上から注ぎ、重力の力で上から下へとフィルターを通してコーヒーを濾します。この抽出方法は透過式と呼ばれます。
コーヒードリッパーは一般的に流通しているものでもかなりの数が存在します。素材や形、色などによってそれぞれに違いをつけ、それぞれの器具の抽出レシピによって様々な味わいに表現されます。

大抵のコーヒードリッパーは紙や布を使ったフィルターが一般的ですが、最近では金属フィルターも見かけるようになりました。金属フィルターといえば、フレンチプレスやエスプレッソマシンなどで使用されます。

紙や布フィルターはコーヒーオイルなどの成分を吸着し、口当たりを滑らかにします。
それに対し、金属フィルターの特徴はコーヒーがもつ成分を十分に味わえることです。
コーヒーの素晴らしい素材そのものを味わいたいという方には、金属フィルターがおすすめです。 「coresシングルカップゴールドフィルター」は、一人用のコーヒードリッパーとして、とても気軽でお手入れも簡単です。
大きさも手のひらサイズでスタイルもかっこいい。このドリッパーはちょっとしたコツを覚えると使いやすくてコーヒーを淹れることがとても楽しくなっていきます。

この「coresシングルカップゴールドフィルター」を使って実践してみましょう。

用意するもの
1.シングルカップゴールドフィルター
2. お湯(湯量300ml以上、温度95度以上)
3.200ml以上入るマイコーヒーカップ
4.お好きなコーヒー粉10g(おすすめは中挽き)

おすすめレシピ
1. 「シングルカップゴールドフィルター」に10gのコーヒー粉を入れる
2. コーヒーカップに「シングルカップゴールドフィルター」をセットする
3. 粉にお湯を優しく満遍なくかけ、かけ残しが無いようにし、30秒コーヒーを蒸らす
4.30秒後、同じように全体に優しくお湯をかける。フィルターがいっぱいにならないところでお湯をかけるのを止める
5. あとは真ん中にお湯をゆっくりと数回に分けて注ぎ、全体で180gのお湯を注いでドリッパー内のお湯が落ち切れば抽出完了です。



この「シングルカップゴールドフィルター」はドリッパーとしては小さめなので、場所を問わずどこでも持ち運んで香り高いコーヒーを楽しむことができます。小さな器具ですが、パフォーマンスは非常に高いと思います。

皆様も是非お試しください。

▼関連商品はこちら

coresシングルカップゴールドフィルター

COFELITY 公式パートナー
みほし焙煎珈琲製造所 向山

Share